ッチとアンチームの最短3日でお届けします。

justrvit.com

 

本物の債券を原資産と呼ぶが、先物は原資産から派生するリスク(価格変動)だけを取引するので「派生商品」なのである。先物取引は取引所に上場された定型商品であるが、デリバティブの多くは、金融機関と顧客、あるいは金融機関同士で自由に設計して取引される。実際に存在する原資産を取引するのとは違って、リスク部分だけを取り出して取引するため、商品設計はニーズに合わせて柔軟に行える。いくつかのリスクを組み合わせて、実際には存在しないのパターンを作り出すことも朝飯一般にデリバティブというと危険な投機的商品のようにイメージされることも多いが、別にデリバティブが危険なわけではない。もともとデリバティブは、ビジネスや企業財務に内在するリ前だ○スクをへツジしたり、望ましくないリスクを望ましい形のものに変換したりするための便利で柔軟なシールとして発展してきた。ただ、デリバティブは、リスクをヘッジすることにも使えれば、リスクを大きく膨らませることにも使える。後者の場合、レバレッジ(てこ)を効かすとか、レバレッジをかけるというような言い方をするが、「デリバティブ取引で大損失」というケースはほとんどこういう使い方をした時に起こる。

日本の戦後。上。私たちは間違っていたか ノ装頓*阪田啓 まえがきいま、いわゆる「戦後民主主義」を否定することが常識のようになりつつある。戦後民主主義を厳しく、激しく否定すればするほどもてはやされる風潮となっている。私は三年前に『日本の戦争』(小学館)という著作を発表した。私が国民学校(私が入学した年から、小学校が国民学校と称されるようになった)一年生の一二月に太平洋戦争がはじまり、五年生の夏休み、八月一五日に敗戦というかたちで終わった。日本軍は当初は威勢がよかったが、二年生の六月にミッドウェー海戦で深刻な敗北を喫して以後、表現の暖昧な、内実は暗いニュースと感じとれるニュースばかりとなった。ガダルカナル島撤退、アッッ島玉砕、マキン・タラワ両島玉砕、キスカ島放棄、サイパン島玉砕、東京大空襲、日本の主要都市徹底爆撃、そして広島、長崎への原爆投下・と、私たちは、子供ながら日本の惨惜たる敗戦への過程を克明に覚えている。

このような考え方は、多くの国の自称文化人の間で次第に人気が出てきている。自称文化人には、サー・ジェームズ・ゴールドスミス自身のような、億万長者変じて自称権威者(ただし彼の三へご尋という最近の著書はョ-ロッパのベストセラーになった)から、影響力のあるワールド・エコノミック・フォーラム(三の三○三国8口○目の司○『旨Ⅱスイスに本部を持ち毎年一回著名な政治家・ビジネスマンを集めて会合を持つ)のような団体もある。製造業のグローバリゼーションが西側経済の災いの元凶であるという考え方は、保護主義に既得権を持つ人たちに 対してばかりではなく、単に経済潮流に関して包括的で、わかりやすい説明を求める人たちに対しても非常にアピールするものなのである。結局のところ、この手の話は、共産主義の崩壊(これが世界に投Ⅶ資の機会を与えた)、新興工業国の隆盛、大量失業の再現、そして、非熟練労働者の実質賃金の低下などといった現象すべてを、一つのパッケージに包み込んだようなものである。

私が見るところ、ビジネスマンの大いなる偏見は、自分自身は利口で、競争相手はとんでもない馬鹿だというふうになるよう努めることである。この努力は、ある程度の心理的満足感を与えるかもしれないが、一銭たりとも生むことがない。」四つの基本的な報酬の目的のバランスをとることは、やっかいなトレードオフを発生させる。例えば、極端に高いレバレッジを持ったプランは、大きなインセンティブの力を持っているかもしれない。しかし、このレバレッジは、評価の高いマネージャーが、業界の悪い時期に良い条件を求めて出ていくリスクを増加させる。利害一致性が低く、レバレッジが高い場合、企業が株主の富増加に貢献しない「達成」に報いてしまうことによる、高いコストを避けられない。一方、低い引き留めリスクと、低い株主コストの両方を達成しているようなプランの場合、それは必然的にレバレッジが小さくなり、役員や管理職はシュウエッドが書いているような、魅力的なことを追求するのに忙しくなるだろう

 

ホーム RSS購読 サイトマップ